二重まぶたの埋没法

二重まぶたの埋没法について説明します。

二重まぶたの埋没法

自分の目にコンプレックスを持っている人も多いです。少し印象がきつく見えてしまったり、目が細くなっていたり腫れぼったいと気にかけてしまうことが多くなってしまいます。少しでも痛みがなく安く済ませたいという時にはアイプチという方法もあります(役に立つHP:中性脂肪を減らすには自分に合った方法を探す)。

しかし100円ショップでも売られているアイプチだったりアイテープといった二重まぶたを作るグッズや化粧品を長い間利用していると、自分の肌に炎症を起こしてしまったり、思いがけない病気を発症してしまいます。自分の肌がデリケートになっていると、まぶたの皮膚へ刺激を与えてしまいます。これが続くと、徐々にまぶたが赤く腫れていきます。その結果、アイプチを使い始めた前よりも目が腫れぼったくなってしまいます。

そこで近年美容整形外科では、痛みのない手術方法として埋没法という方法を取り入れています。これは従来の切開法よりも体への負担も少なく時間もかかりません。また料金も安くなっています。埋没法のメリットとしては、まぶたを止めていく糸を利用するだけなので、切開することはありません。そして糸が取れてしまってもすぐに元通りにすることができます。これで気に入らない時にはやり直しをすることができます。

他のまぶたの手術法として切開法があります。部分的に切開を行う部分切開法や全切開法があります。切開法はいずれもメスを入れてまぶたをいじっていくことになります。時間も埋没法以上かかってしまいますが、半永久的にまぶたの状態をキープすることができます。安く抑えて埋没法を利用していくか、一度で半永久的にまぶたを作り上げるために切開法を取り入れていくかは、美容整形外科の医師としっかりとカウンセリングなどを行って決めていかなければなりません。

二重まぶたの埋没法は多くの美容整形外科で施術を行っていますので、利用者は口コミを出していることがあります。全国各地の美容整形外科で行われているので、口コミは美容整形外科の評価にも直結していきます。埋没法は手軽な整形手術と考えてもいいでしょう。それだけに自分自身の大切な目を守るためにも美容整形外科を選ぶ時には入念に選択をしないといけません。口コミは一つのツールとして活用することができるでしょう。ただ口コミを全て信じてしまうのも問題です。自作自演の可能性もありますのでしっかりと見極めることが重要です。

埋没法にはデメリットも有ります。糸が違和感を感じることがあり、糸の結び目が気になってしまうことがあります。さらに糸が抜けてしまうと再度施術を受けないといけません。施術を受けている間、針をまぶたの近くに入れていくこともあります。そこで細かい血管にダメージを与えてしまうこともあり、内出血を引き起こすこともあるのです。

これらの内容を各ページで細かく紹介していきます。これから二重まぶたの手術を埋没法で行おうと検討している時には、情報を確認しておくといいでしょう。そして効率的かつ後遺症のない施術を受けるようにしていくことが大切です。

二重まぶたの埋没法